青森県赤十字大会に秋篠宮紀子さまご臨席

こんにちは。(*^▽^*)


一昨日のことですが、青森市のリンクステーションホール青森で開催された、

日本赤十字社青森県支部創立130周年記念「青森県赤十字大会」に出席いたしました。



田子町赤十字奉仕団は、社長感謝状を頂けるということで

私は、代表して前列の方の受賞席に座らせて頂きました。

一緒に同行した、副委員長ほか役員と事務局の役場職員は後方の席でした。


本大会に、日本赤十字社名誉副総裁の秋篠宮妃紀子さまのご臨席ということで、

壇上に近い受賞席の私は、緊張と驚きと嬉しさの一時でした。

一緒に同行した皆さんは、後方の席のため顔がほとんど見えなかった。(;.;)と、嘆いていました。


おことば では、日本赤十字社名誉副総裁の秋篠宮妃殿下のお声は、

穏やかな、やさしいお声でした。

「より一層充実した活動を進められ、赤十字運動の輪が広がっていくことを願ってやまない」と述べられました。



大会では、日本赤十字活動に多大に貢献された、

有功章御授与

社長感謝状贈呈が行われました。

私たち、田子町赤十字奉仕団は、社長感謝状が贈呈。



体験発表では、十和田市赤十字奉仕団委員長 福村トクエさん

五所川原商業高等学校青少年赤十字メンバー 笹森風化さんが心をこめて発表されました。



第2部のアトラクションでは、

コンサート「愛をつないで」

シンガーソングライター の 桜田マコトさん

特に、高校生の娘さんと手を繋いで熱唱され、皆さん感動でした。




壇上には、手製の古い赤十字の旗が飾られていました。

この赤十字の旗は、とても凄い秘話があります。


mikami.JPG




日本赤十字社青森県支部は、1887年(明治20年)に設置されました。

1904年(明治37年)日露戦争に救護班を派遣

1905年(明治38年)青森県佐井村出身の医師、三上剛太郎氏が、

満州黒溝台の仮包帯所で手製の赤十字旗によりロシア兵1名を含む70余名の命を救う。

後に手製の赤十字旗は日本赤十字社青森県支部に寄贈されました。(昭和38年)


この戦陣の粗末な赤十字旗は、

のちにスイスやイタリアの国際博覧館の展示され、

内外に多大な感動を与えられたという。

現在は、日本赤十字社青森県支部に展示されていますが、この日

青森県赤十字大会の壇上に、一際輝いていた偉大な功績者の旗でした。




日本赤十字社は、

140年前の西南戦争で、

両軍の救護をきっかけにはじまった赤十字運動を。

これからも、つづける。

人を救うことを。


救うことを、つづける。

・・・日本赤十字社しおりより。



近年、大災害が多く発生しておりますが、

地域の防災・減災意識、災害支援・赤十字の博愛精神・・・

地域に根ざした福祉活動・・・など

今日の大会をこれからの活動に活かしていきたいですね。(*^▽^*)




会場は、秋篠宮妃殿下ご臨席ということで撮影禁止でしたが、

記念に1枚(*^O^*)




IMG_4310.JPG


























田子町廃棄物減量等推進審議会

こんにちは。(*^▽^*)


この間のことですが、

平成30年度 

田子町廃棄物減量等推進審議会が開催されました。


ご案内を頂きまして出席させて頂きましたが、

組織会では、会長に推薦されました・・・(;.;)


実は、事前に事務局からお願いされていましたが、お断りしたので安心していました。


本審議会は、田子町の廃棄物処理及び清掃に関する条例に基づき、運営されるものらしいですが、

これには、町内の各自治会・町内会の関わりが重要ということで、自治会連合会会長が会長にという。




審議案件は、町の「ごみ処理」及び「リサイクル」の現状と

資源物の分別収集さらなる推進について。でした。



青森県でも、ごみ減量・リサイクルに取り組んでいます。

「もったいない」を合い言葉に、

ごみの減量とリサイクルに取り組もう。と、しています。




田子町では、町民運動の一環に資源物収集保管施設補助事業を。

田子町自治会連合会では、環境美化活動の一環として、

再生資源ゴミの集団回収を推進しています。




しかしながら、ごみの排出量では、青森県は全国42位の恥ずかしい現状です。

また、リサイクル率では、青森県は全国41位の現状です。


では、田子町は??

ちょっと、恥ずかしいのですが、中くらいの位置です。(;.;)



町では、今年度から「資源物ビン」の回収に取り組みます。

各自治会で「資源物ビン」の回収コンテナを配布しますが、

リサイクル意識を高めていきたいです。




私は、この審議会の方向性として、

ごみの排出量を半減する。

ごみリサイクル率を倍増する。

という、目標設定が必要ですね。


そのうえで、目標を達成する取り組みが求められます。




各自治会、JA女性部、商工会、食生活改善委員会・・・

組織を上げての取り組み及び町民の意識改革など、

これまで、審議会が開催されていなかったようですが、

委員からは、年2回くらい開催した方が良い。

という意見も頂きました。今後の運営に反映して行きたいです。


 












20180914-256116f41c674ae621056253943c6d5a43514eed.jpg



























十和田湖と孫たち

こんにちは。(*^▽^*)


この間、息子達が法事で帰省した時のことですが、

孫たちと一緒に十和田湖に行ってきました。



自宅から、十和田湖まで概ね、1時間の道のりです。

休屋で昼食を頂きまして、十和田湖遊覧船に乗船しました。


300802 (53).JPG


車は、休屋から子の口まで代行してくれます。もちろん有料ですが、

湖上の遊覧船からでしか見られない美しい景色があり、

豪快で繊細な十和田湖の魅力を堪能できました。

 


特に、高2の孫はとても喜んでいます。

おじいちゃんと高2の孫が、

何のポーズか???


300805 (47).JPG


とても奇麗ですね。

バックの景色が・・。



300805 (39).JPG



そして、子の口から奥入瀬渓流をゆっくり

と言っても、車を降りてゆっくり散策することはできませんでしたが、


滝や清流、岩など、たくさんの見所の中でも一際迫力のある

「阿修羅の流れ」のところで、車を駐車して、写真三昧。



300805 (62).JPG




おじいちゃんは、

高3と高2と小2の孫たちと一緒に、

満足(*^▽^*)



300802a (137).JPG



高2の孫が、

おじいちゃん、シャッター押して!


十和田湖をリクエストしたのは??(*^▽^*)


300805 (52).JPG




奥入瀬渓流は、散策できることが魅力。


300805 (64).JPG

雄々しく、力強く流れる様子を眺めているだけで、不思議と心を洗われるような気持ちになります。


その中に流れる滝や清流の美しさは、神聖なる自然の力を感じることができますが、

私は、ここ、阿修羅の流れが一番好きです。




300805 (48).JPG





















お盆休み

こんにちは(*^o^*)


今年のお盆は、のんびり過ごそうねと言っていましたが、

やっと今日、ゆっくり本を読める至福の一時・・・。(*^▽^*)



8月13日は、お墓参り、先祖の霊が迷わないよう迎え火を焚いて迎えました。



今日、8月15日は、夕方送り火を焚き先祖の霊を見送ります。



いま、

様々な懸案を考えながら、


好きな本を読み、


のんびり、ゆっくり過ごします。


















NHKのニュースで放映

こんにちは。(*^o^*)


先般、NHKテレビにて

至極のにんにく 追い求めて

という、

にんにくの町「田子町」が放映されました。




IMG_3285.JPG



新品種として、

国が「品種登録」した

「たっこ1号」の取り組みです。



IMG_3289.JPG



この品種開発の狙いは、至福のにんにく

日本一の「品質」です。



この「オリジナル品種開発」に取り組んだ、

私が、多くの画面で紹介されました。




NHKさんよりお話しがあったとき、

私は、何度もお断りしました。



いろいろ取材していく中で、川村さんが、

ということでしたので・・・。と、


たっこにんにく産地力強化戦略推進会議を取材したり、

オリジナル品種の生育状況を取材したり、


私の部屋で、

パソコンの画面にて

開発秘話を取材したり。


IMG_3290.JPG


畑の中で、選抜している状況だったり、



IMG_3293.JPG


選抜したにんにくを収穫したとこ、とか、


IMG_3295.JPG



生産者の皆さんに、情報収集しているとこ、とか



IMG_3296.JPG


発見までの苦労したこと、とか



IMG_3297.JPG



遺伝子レベルでの大発見した秘話とか、




IMG_3300.JPG



この品種の特徴とか、




IMG_3304.JPG


産地たっこの行く末のこと、とか




IMG_3303.JPG



様々な、こと、

夕方、7時頃まで

とても熱心な取材を受けました。










私は、あまり表面には出たくなかったのですが、



ホントは、

田子の生産者を、産地を、守ってくれる

最大の武器でもあるんです。




次世代に良い素材を残すことができました。

これをしっかり育てて欲しいと願っています。

そして、この最大の武器を使いこなして欲しいです。




合掌























プロテオグリカン配合 琥珀にんにくカプセル

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30