認知症の原因と予防方法

あなたも無関係ではいられない認知症

86487920e3acf3ed1dbc3059dc36afb1_s.jpg


2012年時点で65歳以上の高齢者の15%、7人に一人が認知症であると厚労省から発表されています。80歳以上で40%が認知症を発症しています。高齢化に伴い、今後一層割合・人数ともに増えることが予想されています。


認知症を発症したかたはもちろん、その周りのかた、ご家族も無関係ではいられません。

高齢者の交通事故(運転事故)が増えていますが、75歳以上のドライバーが起こした死亡事故の4割は認知機能の低下が疑われています。


症状が進行すると自立した生活が送れなくなり介護を必要とします。暴力や暴言があったり、徘徊からの行方不明も起こりえます。


このように認知症は誰一人無関係ではいられない病気なのです。

そのため認知症とその対策に関する知識をしっかり身につけ、実行していきましょう。



認知症の予防・改善

運動は最高の予防方法

6990d4d2f0a821bacb58ebd2290e041b_s.jpg


運動は最高の予防方法です。運動によって肥満解消、糖尿病改善となり、認知症予防につながります。また、予防だけでなく認知機能の改善も期待できます。


脳トレーニングで頭を使う

96f25d80d2cdb4f0a5bbf0b8fa4fa5d0_s.jpg


認知症は脳の萎縮により起こるものです。一方で脳は使えば使うほどよくなります。よって脳のトレーニングが効果的です。このとき誰かと一緒に行いましょう。コミュニケーションは最高の脳トレといえます。その意味でもデイケア、デイサービスを利用することは有効です。


適切な睡眠で健康維持

62f666768cd9358a79a9ebe3aa6d2b18_s.jpg


睡眠中は様々なホルモンが分泌され健康維持を図っています。また、睡眠中は脳内の老廃物を洗い流していることがわかっています。


健康的な食事で血糖値・血圧を下げる

96fd876b0990df0e24fdaf7fe0c1667b_s.jpg


血糖値・血圧を下げる食事を摂りましょう。



認知症とその改善方法や様々な実験・臨床結果をもっと詳しく知りたい方はこちらの本をお勧めします。


認知症はこうしたら治せる

 


S-アリルシステイン

認知機能の維持として直接的な効果が期待されているのが、当社の琥珀にんにくに多量に含まれる「S-アリルシステイン」という成分です。



次のページ:認知機能維持に期待される成分S-アリルシステインとは


東京大学名誉教授 薬学博士 齋藤洋 氏

川村さんの琥珀にんにくを私も応援しています。

 

 川村さんの琥珀にんにくとの出会いは衝撃的でした。
 琥珀にんにくは、にんにくの有効成分として、現在、最も注目を集めているS-アリルシステインと、玉葱の有効成分であるシクロアリインを熟成により生合成し、大量に含有しているからです。(両物質は水溶性アミノ酸です。)

 「黒にんにく」より多くのアミノ酸を含有しています。
高品質のにんにくを生産する青森県田子町で誕生した川村さんの新しい「琥珀にんにく」。その熟成パワーに期待しています。

琥珀にんにくの開発者 にんにくのプロ 川村武司